vendredi 10 mai 2019

血液中のカルシウム濃度と、軽度認知障害からアルツハイマー病への移行を調べた研究

血液中のカルシウム濃度と、軽度認知障害からアルツハイマー病の移行を調べた研究
軽度認知障害」では、物忘れが激しいなど認知機能の低下による症状があります。適切に対処することで認知機能が回復することもありますが、高い確率で認知症 ...