samedi 6 avril 2019

「どうせ死ぬなら臓器提供してから」世界で進む安楽死議論の怖さ

「どうせ死ぬなら臓器提供してから」世界で進む安楽死議論の怖さ
その橋田氏が2017年8月に『安楽死で死なせて下さい』(文春新書)を出版し、メディアでも ... 多くの高齢者が自らの死について考えさせられる文言だろう。 ... でも認められ、2006年には、意思を確認するのが困難な認知症患者も対象となったのです」.