mardi 5 mars 2019

認知症の老老介護を撮り続けた娘が、「両親は被写体として魅力的だな」と感じた理由

認知症の老老介護を撮り続けた娘が、「両親は被写体として魅力的だな」と感じた理由
- それは確実に、今の時代に問う価値のあるものだと感じた。 ... 認知症の老老介護は、現代の高齢化社会の中にあって、どの家族にも訪れる可能性がある問題だ ... そうした現実は、親世代である高齢者の、その子どもである息子・娘世代の胸をも打つ ...