jeudi 24 mai 2018

2重課題歩行時の速度低下が認知症発症の前駆症状となる可能性

2重課題歩行時の速度低下が認知症発症の前駆症状となる可能性
- 2重課題歩行時の速度低下が認知症発症の前駆症状となる可能性 ... その結果、2重課題歩行時に歩行速度が遅くなる高齢者ほど、左側の嗅内野の容量が萎縮 ...