jeudi 26 avril 2018

「生活困難家庭」は24% 長野県が子どもの貧困調査

「生活困難家庭」は24% 長野県が子どもの貧困調査
- 有効回答数は、子どもが2366人(26・3%)、保護者が3589人(29・9%)だった。 世帯の可処分所得、公共料金を支払えているかなどの家計状況、どもの所有物などの三つの要素から、調査対象の家庭を「困窮家庭」「周辺家庭」「一般家庭」に分類。その結果、困窮家庭は9・3%、周辺家庭は15・2%で、これを合わせて「 ...