jeudi 19 avril 2018

25%、生活上の問題抱え 県初調査 /長野

25%、生活上の問題抱え 県初調査 /長野
- 県は17日、子どもの貧困実態を調べるため、初実施した「子どもと子育て家庭の生活実態調査」の結果を公表した。回答をもとに貧困度合いを「困窮家庭」、困窮に近い「周辺家庭」、生活に問題がない「一般家庭」に分類。困窮家庭は9・3%、周辺家庭は15・2%に上り、約25%の家庭が生活上の問題を抱えていることが明らか ...