lundi 2 avril 2018

いまも世界で年間170万人が死亡している 日本が主導し、結核終息戦略の実現を

いまも世界で年間170万人が死亡している 日本が主導し、結核終息戦略の実現を
- 2018年3月24日は世界保健機関(WHO)が制定した「世界結核デー」だった。結核は日本では少なくなっているが、世界的には「三大感染症」で、年に170万人 (2016年) と、依然としてエイズ、マラリアを上回る死者を出している。 専門家の目から見た結核終息をめざす内外の動きを報告すると――。 結核の病原体(Wikimedia ...