人気の投稿

STIGMABASE | 検索

2018年4月4日水曜日

認知症の予防には10~15才の記憶を意識的に思い出すと良い

認知症の予防には10~15才の記憶を意識的に思い出すと良い
- 昔の記憶をよみがえらせ、本人がその思い出を話すことで認知症症状や介護の予防・改善を図るという心療回想法が、介護施設や訪問介護などでも大きな成果を上げているという。 ... 「10~15才の出来事に焦点を当てて思い出し、心療回想士などの聞き手に話しますが、高齢者にとっては60~70年以上も前のこと。