jeudi 29 mars 2018

LSDが自分と他人の境界線をあいまいにする仕組みが明らかに、統合失調症の治療の一歩

LSDが自分と他人の境界線をあいまいにする仕組みが明らかに、統合失調症の治療の一歩
- LSDを服用すると、統合失調症のような精神疾患と同じく自己と他人の境界線があいまいになることから、スイスのチューリッヒ精神医学大学病院の心理学者であるKatrin Preller氏らはLSDが人の自意識をどのように破壊するのかを調査しました。LSDを研究目的で被験者に投与することは世界的に制限されているのですが、 ...