人気の投稿

STIGMABASE | 検索

2018年2月13日火曜日

「トランプに対抗し、米国産牛肉の報復関税の実行を」

「トランプに対抗し、米国産牛肉の報復関税の実行を」
- 韓米FTA締結当時から各種の不平等毒素条項を暴露しながら、協定を執拗に批判してきたソン弁護士は、“もの静かなFTA論客”と呼ばれる。「世界貿易機関(WTO)という多国間貿易体制があるにもかかわらず、両者の自由貿易協定を結ぶその理由は、両当事国が互いに固有で特別な(社会・経済的)価値を実現するためだ。