jeudi 18 janvier 2018

「身体拘束」施設ごとに指針を 虐待防止へ 厚労省

「身体拘束」施設ごとに指針を 虐待防止へ 厚労省
- 厚労省によると、介護施設での身体拘束は原則、すべて「高齢者虐」に該当するとして禁止しているが、自傷や他害の恐れがあるなど緊急でやむを得ない場合に限り認めている。拘束する際には、理由や時間、心身の状況などの記録を義務付けているが、施設独自の指針づくりまでは求めていない。 厚労省は、現在の運営 ...