mercredi 3 janvier 2018

北野華子さん スポーツで病気の子を支援

北野華子さん スポーツで病気の子を支援
- は、スポーツを通じて長期療養中の子どもの可能性を広げるという、日本ではまだ珍しい活動に取り組んでいる。 5歳ごろから発熱や胸痛、腹痛を繰り返し、入退院が中学卒業まで続いた。18歳で診断されたのが自己炎症性の難病。やっと効く薬が分かり、症状が抑えられるようになった。療養時は「病気だから」と諦めたことも ...