スクールソーシャルワーカー活用事業 連携を通じて教職員の資質向上にも寄与

スクールソーシャルワーカー活用事業 連携を通じて教職員の資質向上にも寄与
いじめや不登校をはじめとする学校不適応行動には、学校・家庭・社会環境など子供を取り巻く環境が大きく影響している場合があり、課題解決を図るためには、本人に直接働き掛けるだけではなく、本人を取り巻く環境の調整・改善に取り組むことが必要不可欠である。 そこで本県では、教職員の福祉的な視点が子供たちへの ...

Posts les plus consultés de ce blog

米中戦略対話 人権で摩擦の火種を残した : 社説・コラム : YOMIURI ...

名古屋市:名古屋市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画「はつらつ ...

2ちゃん掲示板でまたまた接続不能犯行予告や薬物事件関与と騒動にJCAST ...