vendredi 9 juin 2017

「出産後から貧困」3割

「出産後から貧困」3割
- アンケート調査はフードバンク山梨が去年12月の子ども支援プロジェクトに参加した県内の生活困窮家庭、511世帯を対象に行い、171世帯から回答があった。
 子どもが生まれてからフードバンクを利用するまでに経験したことについては、「カウンセリングや精神面での治療を受けたいと思った」が32.7%、「過労で寝込んだ」が25.7%、「自殺したいと思った」が22.2%となり、貧困により精神面で負い込まれる実態が浮き彫りとなった。